Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1072-5d4ef423

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

シクロクロス東京 あさい

C3-1 6位/60人

シクロクロス東京と野辺山シクロクロス、この2つは国内で最大規模の大会でありシクロクロスをやる人ならぜひとも出てみたい大会であろう。特に東京シクロクロスは会場がお台場で都心に近くアクセスも良いので観客が多く訪れる…はずであったが20年に一度の寒波で大雪で観客は思ったより多くなかった(その上一番スタートの早いカテゴリーだったので…)


朝6時に起床、泊めて頂いた菊井さんちから輪行でお台場へ。雪は降っていたものの積もっていなかったので、大したことはないだろうと高をくくっていたが、お台場につくと少し積もっていた。そして吹雪いてるし・・・吹雪に戸惑いながら受付、準備をグダグダしていたら試走時間が残り30分ほどに、急いで試走に向かう。コースはスタート直後に砂浜を行き、その後は木と泥の林区間、フライオーバーを超えてまた林区間、最後の大物で先程より長めの砂浜を経て舗装路のホームストレートに入ると言った感じ。

course_2014_01_21.png


試走した感じ砂浜は全てランだが場所によって耕され具合が違うので押すか担ぐかは所によって考えもの。林区間はオープンニングレース+積もりたての柔らかい雪ということで思ったより乗ることができそう。それでも自分はあまり乗らずにランで行く方でした(だってそっちのほうが明らかに周りより速いんだもん)。いくつか転けそうなコーナーと降りる場所と乗る場所をチェック。ブラインドのコーナー直後に現れるシケインは結構忘れそうで怖かった。フライオーバーは乗らないと心に誓う。後半の林区間はそこまで難しくないので全乗り。砂浜は全降り。ただ、波打ち際は乗っていけるんじゃないかとエリートカテゴリーを見て反省。試走の時点でチェックすべきであった。ラストのホームストレートは雪と点字ブロックでかなりスリッピーだったので慎重に行くことに決め。

試走した後はテンション下がりMAXで招集場所へ。アウェーということと、周りの会話を聞き耳立てるとなかなか実力者が集まってるということを考えると禿げそうでした。スタート位置は前から三列目の中央付近と悪くなかった。タイヤの空気を抜き過ぎたため明らかに他と凹み方が違った。かなりパンクにビビっていたが、今までポヨンポヨンな気圧で街中走ってもパンクしたことがなかったので、タイヤとチューブを信用する。そんな大きい段差ないし大丈夫だよね、と自分に言い聞かせる。

雪が降り続いてるレーススタート。スタート直後は直角コーナー、観客が転けろ転けろと念を送る中皆安全に曲がる。しかし直後の砂浜に入った途端に前走者落車。自分は早めに自転車を降りていたのでさっと避けて抜きにかかる。始めのこの砂浜区間がかなり重要だと想定していたので、足を使いランでひたすらに抜きまくる。林区間に入ると一列棒状になる。密集していると必ず誰かが(自分含む)ミスをして詰まるので、常に降りて抜く心構えをする、というかすぐ降りた。降りて乗ってを繰り返しフライオーバー、林区間を超えて砂浜区間へ突っ込む。「乗れー!」という煽りに屈せず即降車。砂浜を折り返した所で実況が耳に入った。先頭はイナーメの選手でホームストレートに入るところ少し離れて二人のパックが二位集団、あれっ?あの目の前にいる二人のことじゃね?と思いながらコントロールラインを通過すると案の定前方の二人は二位集団で、その後ろを行く自分は四位であることを実況で知り二周目へ。

自分の順位を知り、力抜けねーなーと思いつつもここは冷静に行くことにする。後ろはいなかったがスタートで遅れた実力のある選手の追い上げがあると予想し順位の維持に務める。林区間は去年の香川のように焦って落車しないように慎重に。しかしそのせいか追いつかれてしまった。五位でコントロールライン通過(確か)

最終周、2つ目の林区間までほぼ単独で行ったが前方と後方に選手が、抜かれて6番手になってしまった。が、砂浜で前の選手のペースが落ちていたので、抜けると思い真後ろまで近づいたが無理に上げたせいか自分が垂れてしまった。ホームストレートの時点で数秒差がついてしまい、とてもとても踏んでも間に合わな位と思ったので後ろがいないのを確認しつつ軽く踏んでゴール。

六位ということでぎりぎり入賞でした。間近で見る表彰台は高かったです。

最後に、お忙しい中泊めていただいたりサポートしてくださったりと菊井さんには大変お世話になりました。
数ヶ月前、味門で菊井さんに「出れば」と言われたのがきっかけでした。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1072-5d4ef423

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。