Entries

6/22 西日本クラシック 高橋

西日本ロードクラシック 広島中央森林公園

E3 12.3㎞×3周 10位/126人


もう広島は10回くらい走ってんじゃねえかな。
てことで、コースの説明などは割愛。

今回の目標は、獲得ポイントの増える15位以内。
阪大の高野や森島を筆頭に、登りが強烈な選手が多く出走してたので、
今はまだ彼らに登りで太刀打ち出来ない僕が、どのように集団でふるまって生き残るかが鍵。

そして、落車しないことも隠れた目標。
なんたって126人。
最近こんなん多くね…?


今回も、スタートラインを賭けた熾烈なポジション争いがレース前から展開されてたが、
得意のウシロカラワープで二列目を確保。

一周目は、周りも様子見モード。
懐かしのdspがジェットコースター区間では一瞬輝きを放ってた。
登り区間までに先頭にでて、シッティングでマイペースに登る。
この集団内では、僕の登りは上の下くらいと見る。

二周目の登りで、高野と森島がペースアップを始める。
けっこうキツイ。
周りのバックブーストを避けながら、なんとか付いてく。

三周目はちょこちょこアタックも掛かったが、
集団も30人近くいて勢いがあったので、どれも吸収される。
これはスプリントだろなー、やだなー。

スプリントに向けてぼちぼち集団内もポジション争いが起こる。
落車の予感しかなく、鬱々とした気持ちで最終コーナーを20番手くらいで通過。
その直後、高野が宙を舞う。
南無…、と思いながら踏みこむ。
広島は最後のストレートが長いので、3、4人まくってフィニッシュ。


3月の二度の落車以来、練習での激しいスプリントも見送ってきたが、
ここ二戦で最後まで踏み切る、といことは実践できている。
しかし今回は、前回のクレフィールほどの出し切った感はなく、
最後のS字クランクで、もっと勇気を出して踏み込んでおけばよかったなと、若干の消化不良。

ちなみに優勝した関大のキタナカくんは途中の逃げも含め、終始積極的な走りをしてたので、
やはり表彰台に上がる人とのベースの差は、まだ小さくないと再認識した、


大きな目安と捉えてた今回の広島が終わったので、一つのスパンが終わった感じ。
もう一度、体の使い方や、走り方を見直しながら、
また9月に広島で行われる経済産業大臣杯に、焦点を合わせていこうと思う。


最後に、日本酒が好きな僕にと、”そば焼酎”を贈ってくれた森島家に感謝。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1184-68a835fe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR