Entries

9/21 経産旗杯 高橋

JBCF 経済産業大臣旗 ロードチャンピオンシップ

E3 12.3km×4周 4位/97人

あともうちょっと、が遠い。

6月に同じ広島で行われた西日本クラシックから三ヶ月。

そこからの練習、レース、合宿の全てはこの経産旗杯を見据えて、こなしてきた。
三ヶ月間の調子の波をイメージして、9月にピークが来るように調整し、
自分の実力を見誤らないように、レースも積極的に走ってきた。

三ヶ月という期間、現在の環境で整えられ得る限りの準備をし、
持っている力を出し切れば優勝を狙えると思える状態を作ることができた。

そう満を持して迎えた今回のレース。


スタート直後に先頭に出て、一周目はほぼ先頭で走る。
集団後方は中切れでしんどかったようだが、前方はかなり安定した楽なペースだった。
集団に安定したペースで走られると率先して削っていくのは難しいが、
逆に逃げが決まる展開も頭に入れとかなければいけない。

二周目の一段目の坂で、阪大高野を含む有力選手達が一気に踏み始めて、
これは勝ち逃げになる可能性があると思い、いっしょについていく。

6人ほどでゴリゴリと三段坂を登り切り、さらに数人追いついて、
ホームストレートのあたりで12人の逃げが形成される。

三周目の登りに入ったあたりで後ろのメイン集団との差は20秒。
この時は僕の脚もかなりキツく、集団にのまれたら後ろで楽しようなんて弱気になっていた。

しかし、メイン集団はうまくローテーション出来てなかったのか、差はだんだん大きくなっていく。
これは最後までついていきスプリントするしかないと肚をくくる。

四周目は疲れか、牽制か、誰もアタックせず静かにスプリントへ。
最終S字コーナーを3番手で通過。
誰がどう見てもベストポジジョン。

しかしロングスプリント気味の前走者への躊躇と、飛出しの切れの悪さによって間が出来てしまう。
モタモタしてる後ろから高校生二人が飛び出していき、ワンツーを決めていた。
まずったなと思いながら最後までもがいて、一人抜いて4位。


三か月間のうちに
「現状を把握し、目標を決め、その目標に見合う努力をする」
というレースルーティーンをこなせたこと。
そして当日に現在の実力を出し切れたこと。

この二点は評価できるし、実践できたことに達成感を感じる。

しかし、逃げている最中は登り以外でもキツイ場面が多々あり、
ただ逃げにくっついてる、という状態だった。
終始レースを動かし続けていた5位の椙田選手らとの脚の差は明白だった。

先にも書いたように、整えられ得る限りの準備をしたのに、だ。


今のカテゴリーで、コンスタントに上位に食い込むことは出来るようになった。

しかし、レースを動かしたり、優勝したりすることは難しい。
そこには圧倒的に足りない何かがあるような気がしてならない。
それが何なのかはわからないので、とてもモヤモヤとしているが、
少なくとも、現在の練習では見えてこないものだと感じた。

機材、練習、環境など少し見つめ直そうと思う。


今回の広島ラブライブ遠征も、阪大森島家の全面協力があってこそ。
お世話になりましたにゃー。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1264-706e9391

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR