Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1284-4c9dce8e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

関西シクロ 第一戦マイアミ 浅井

C4A 3位/62人

昇格できたみたいです。
色々ありました。
前日(当日?)は結局2時になったのを最後に確認して就寝した。布団に入ったのは11時頃だったのに。。。レース前は寝付けない
五時前に無情に目覚ましが鳴ったので準備して輪行で瀬田駅まで。
瀬田駅から戸田さんと合流して車に乗せて貰い会場へ。

試走は3周ほどで毎周回少しずつ気圧を落としてタイヤの空気圧を調整。

試走中に砂浜で前転して右STIが土を食べてしまった。何回かガチャガチャ変速したらマシになったので助かった。

並ぶのが遅かったので後方スタートとなってしまった。陽射しが強く、立ってるだけでジリジリと体力を奪われてる気がした。

レーススタート、

最初の舗装路は当たり前だがポジションを上げようと皆グイグイ攻める。
去年はここで落車に巻き込まれたので留意して少し間を開ける。

砂浜に入ると案の定大渋滞していたので、さっさと降りてランで一気に集団を抜いた。

砂浜が終わってからは試走通り走る。

砂浜区間は明らかに他の選手より遅いので、その分舗装路は踏んで、草地のコーナー はギリギリを攻めた。今回はタイヤにかなりの信頼を置いていたのでそこまで恐怖心はなかった。

一周目の草地で確か8か9位と知って、スタートの成功を確信。あとはジリジリと順位を上げていくだけ。

ホームストレートは踏むところ。
得意な部分で上げて、苦手な部分で出来るだけリスクを排除

砂浜は、2,3周目は乗ろうとしたが、思ったよりペースが上がらないので以後はラン一択

気づいたら二人のパックで走ってると、自分達が2番手、3番手だと知らされる。

3位以内が昇格なのでこのままいけば良いのだが、やはり競技者としての性か2位を目指す。先頭を行く選手は終始確認できなかった...

もう一人の選手はシングルスピードだった。一瞬ビビりつつも舗装路では圧倒的に有利な事を確認する。

最終周のホームストレートで思いっきり回して追い抜く、ここでアドバンテージを作ることは必須。

しかし砂浜区間に入った瞬間に止まっていた周回遅れの選手にぶつかりそうになり思わずハンドルを切ってしまった。
そのままシングルスピードの選手とぶつかってしまった。落車はしなかったもののお互いにバランスを崩し再び接触、
体勢を建て直すのに少し時間がかかってしまい先行を許してしまった。

その選手は砂浜の水際をスイスイと乗っていったのでここは自分もトレースして乗るべきか迷ったがここはリスク回避で押してラン

離れてしまったが追い付くことはできそうな距離だったので、落ち着いて走る。

最悪スプリントになれば有利なはずだったので、ある程度詰めれさえすればよかった。

しかし、なかなか差が縮まらず結局シングルスピードの選手のスプリントを見守りながら最終コーナーを抜けてゴール。

結局抜くことは出来なかったが、自転車競技を始めて3位という順位初めてとったことに興奮していた。

レースレポートは以上です。
以下はあまりレース自体に関係ありません。

もしかして4位?いや抜かれた記憶ないから3位だよなあ、なんて内心ウキウキで表彰式で名前を呼ばれるのを待っていたら、呼ばれなかった。

頭が真っ白になって一瞬思考が停止した。
思わず府大ジャージを脱いだ。勘違いして着てるのが恥ずかしくなった。

しかし冷静にレースを思い返しても抜かれた記憶はない。

ここで考えられる可能性は
1,本当は4位だった。
2,運営側のミスでゴールがカウントされなかった

一瞬、途中順位を教えてくれた人のミスかなと思ったが、最終周回までパックで走った選手はしっかり2位なので、それはないはず。

速報リザルトが出ればわかるはずなので、コミュニケボードの前で座り込みした。スタートリストに90人以上載ってたので時間はかかりそうだった、

速報で4位ならば素直に受け入れられるが、もしカウントミスで周回遅れゴール扱いになってたら抗議しようと思っていた。

しかし、待てど暮らせど速報が出ない。
戸田さん達を見送って計一時間半くらい経ったところで速報が張り出され始めた。しかしC4Aのリザルトだけ張り出されることがなかった。

いい加減待つのも嫌だったので自分の順位の事を運営の方に話した。
そしたら確認しますとのことなので、待っていると自分が3位であることと、C3に昇格した事を告げられた。

と言われても素直に喜べなかった。
3位で初めて本当の表彰台に立つことができるはずだったのに。多くの人にとっては大したことではないだろうが、今まで練習のモチベーションの中の1つとして表彰台はあったので、僕にはとても辛かった。所詮形式的な儀式ができなかっただけだろうが、何か嫌だった。

そりゃ、ホビーレースで初級のカテゴリーに出れば今なら簡単に今回の順位、それ以上もとれると思う。しかし、そんなことをしても面白くない。意味はない

やはり同じレベルの選手とギリギリを競り合いたい。

今回のレースでは明らかに感じた。同じレベルか、もしくはそれ以上の選手にどう食いつくか、考え、判断して走った。

そうして得た順位は確実に自分の実力によるものだと確信できる。
そうして出る表彰式は自分にとって特別なはずだ。

出走人数が多く管理が大変であるのはわかりますが、やはりこんなことは二度と起こらないように再発防止に努めて欲しいです。

まあ、昇格を初戦でできたので、ひとまず今シーズンの目標は達成しましたが、やはり表彰台に立たなければなりません。なのでC2昇格目標でシーズン開幕です。


最後に、戸田さんと戸田さんのお母さん、妹さんには応援、運転と大変お世話になりました。ありがとうございました。
自分のわがままで出発を遅れさせて申し訳ありませんでした。



帰りの野洲駅までの自走で感情が爆発して泣きながら走ったのは秘密です。メンヘラかも
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1284-4c9dce8e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。