Entries

血は鉄の味がする erg

毎年恒例追いランがやって来ましたということで
かつていつか追い出されたであろう高橋さんとサイクリングしてきました。

11月8日 120km
大和川→グリーンロード→水越峠
→170→鍋谷峠(追いラン参戦

with高橋さん (ながにゃんを追い出すサイクリング部の面々

はじめに書くと、今回はかなり理想的あるいは目指していたクライムができた。負けたけど。

ヒルクラに於いても結局は先頭に居続けるのがベスト。
クリテやなんだかんだで散々体感した通り
後ろで楽しようにも、よくわからないうちに
引きずり回されて、ペースが乱れ、足がなくなって終了。
ならばはじめから前に出ることが第一で、好きなように集団を眺めていたらいい。
先日のクリテ観戦での高橋さんの集団内の動きがかなり参考になっている。

っていう前提のもとあとは最近練習しているそのままに

・前半
先頭でテンポ良くインターバルかけながら徐々にペースアップ
・中盤~終盤
絞られてからはペース走に移行、足を残し一定の距離を保つ。回復。
・ラスト
とりあえず残ってる足を出しきるスプリント

んでんで今回は鍋谷でイメージ通りに登れたのはかなり気持ちがよかった。

さて話は練習に戻り
朝イチの寒さでのんびり平地を終えて、グリーンロードも上げすぎない程度でクリア
休憩をちょいちょい挟み、時間に余裕があったので水越。
旧道区間だけ少し上げ、いつものテンポ走→ペース走→スプリントを消化
そこからファミマまではわりと高橋さんに下りをはじめとして引きずられてた。
追いランと合流してからいざ鍋谷。
集団はわりかし活発っぽい、C3浅井調子良さそう。
鍋谷入ってからは先頭にでてほどほどに集団を見ながらインターバルの繰り返し、身体もかなり余裕がある。
途中渋滞で休憩して回復。いやみんな元気。
残り少ない中また前に出るが今度は芦田が振りきれない、ペース走に切り替えて足をためる。
すると上から角谷たちが緊急参戦、丁度良い距離。
けれどもじわじわ芦田に距離を開けられていき、スプリント体勢に入る時は角谷を捉えたのみで踏み切って終了。

距離耐性はまた今後に鍛えよう、とりあえず今はできるだけの力を試せたことにおもしろさを感じる。
今自身の最もアクセスしやすい環境で鍛えることができる分だけ出しきれたのは、また次の為の支えになるだろう。
そうやってオフシーズン走っていこう。

さあ堺浜ですよ、忘年会ですよ!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1289-9d31c35e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR