Entries

6/20 AACA 上羽

1-2 dist.35.7㎞(5.1㎞×7) 完走
1-3 dist.20.4㎞(5.1㎞×4) 完走
(計測チップはないので上位5位以外の順位は不明のため完走としています。)

部から角谷(ツー班)と南と内田も出場。南と内田は初レース。
FFDWで参戦。

今回は信大の高橋を始め、知り合いが多数出場。(そのうちのお一方は1-3で優勝してました。おめでとうございます。)

コースは登りゴールで、Z坂のある方。
アップはそこらへんの農道をぐるぐる。

目標
1-3は2.3回アタック打って積極的に動く。1-2は周りを冷静に見て決定的な逃げに乗る。周回賞を取る。最終周のバックストレートの終わりには前に位置取りをする。

1-3は何度かアタックに乗ったり打ったり。が、決定的にはならず。3周目のバックストレートで疲れたなーと思って集団内で休憩してたらズルズルと最後尾まで下がってしまい、4周目のZ坂を下って折り返したところで集団とサヨナラ。アップのつもりで走るわぁ~とかぬかしてたら本当にアップになってしまった。ただのアホ。

気を取り直して1-2。常に前にいるように意識。特にZ坂後のインターバルがしんどいのでその手前までに前方に位置するようにした。が、手前の坂で番手を落としてしまった印象。どうせZ坂で休めるんだし、もう少しがんばって踏むべきだったかなと反省。
周回賞狙って4周目の終わりに上げて、5番手でコーナーに入りもがいたが2位。あー残念。…って思ってたら実は3周目の終わりだったらしい。この日2回目のやらかし。そのあとZ坂後の直線をあげなくてよかったので結果オーライって言っておく。
5周目の途中に3人ほどこれからアタックかける様子だったので乗ろうとしたが、初速が違い過ぎてついて行けず。笑えねぇ。
周回を重ね、最終周に。先頭集団の前には6周目の後半に飛び出した数人が。集団のペースはなかなかあがらず逃げとの差がどんどん広がる。バックストレートに入っても広がる一方なので、これこのまま逃げ決まるんじゃね?と思う自分とどーせ集団が追いつくから集団のペースアップを待てばいいと思う自分が対峙した結果、アタックをして追走することに。が、途中で脚がなくなり失速、、 結局ペースアップした集団に追い抜かれるハメに。集団から千切れて1度は集団復帰することを諦めたが、踏み直して気合で集団中ほどまで戻れた。ここが今日イチしんどかった。しかし中ほどまでしか戻れなかったので、道幅の狭い最後の坂で前に出れるわけでもなくそのままゴール。ただのアホ(2回目)

まだレース慣れしていないことを実感。また、動きを読めてもそれに反応できるだけの脚がないのも事実。まだまだ頑張らないとなと思った次第です。

カドヤァは置いといて、初レース組はどう感じたのでしょう?
思えば2年ちょい前、美山に出ることになり、カテゴリーに迷っていたところ、某先輩にC4よりもC3の方が同じ料金で長い距離走れるよと言われてC3にエントリーし、完走はしたものの九鬼ヶ坂で脚を削られて集団について行くので精一杯だったなぁと、僕の初レースのことを思い出します。
そのころの僕よりは2人とも圧倒的に速いし、特に内田はずーっと集団の後ろでインターバル練するだけで終わることよりももっと動けたんじゃないかなと思います。どうすべきかは(たぶん)帰りの車内で言ったので、自分で感じたこと・思ったことをブログに書くなりしてその反省を次のレースで生かせるようにしましょう。
いずれレースで勝つためにも。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1337-ddf0e03f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR