Entries

関西シクロクロス 第七戦 浅井

お久し振りです。立場上後輩には書けと言いますが、基本的にブログでの僕のスタンスは「書きたければ書けば良い」です。今回は書きたいので書きます。




C2
33位/出走38人


トラブルだらけ

今年から新たに加わったりんくうシクロ、府大からほぼ電車一本で行くことが出来るのでとても楽。


ちなみに前日は堺浜クリテだったが特筆することは余りないです。翌日にダメージを残したくなかったので動くことなくひっそりと完走。エリートには知り合いがいなくて寂しかった。


C2の出走は3時前だったが初めてのコースなのと昼の試走が短いので朝に会場入り。

試走すると烏丸に近いという印象、キャンパー、草地、泥、、、そこまで嫌いではない。ただ烏丸にはない小石が散りばめられたコーナーはゆっくり行こうと心に誓う。

朝の試走は人数が多かったためほとんどコースを確認するだけになった。

前回の東近江は後方ゴールだったので一応シードは貰えたが3列目とほぼノーシードに等しかった。

スタートは上々、集団が真ん中から縦に伸びて行ったが上手く流れに乗ってポジションを上げる。

スタートから少しすると一台しか通れない狭いコーナーがあり、そこから少ししてキャンパー区間に入るので早めにポジションは上げておきたかった。

キャンパー後の泥ップオフでラインに乗れずにコースアウトして後続に怒鳴られる。

泥ップオフで遅れながらも直線区間でポジションを上げて7番手で一周目を終えようと思ったが、泥コーナーで滑って落車。慌てて立て直すもパックから脱落して独りになった。

落車で焦ってしまいその後はミス続出、砂区間でコーステープを千切ったり、泥ップオフで誰も取らないラインを取って観客に突っ込みそうになったりとかなりメチャクチャな走りになっていた。

独りで且つ冷静さを忘れるとコーナーで抜ける先を見るなんて基本的なことも出来なくなりミスを重ねてしまった、

ミスをすると更に焦ってまたミスをするという負のスパイラルに陥ってしまった。

そしてキャンパーを乗っていると前輪からプシューと嫌な音がした。サイドカットで前輪が完全にパンクしてしまったので自転車を降りてコースの1/3程を走った。ピットで後輩にホイールを交換して貰い再スタートするもほぼ最後尾になっていた。

死んだ目をしながら最終周を走りきってゴール。

今思えば走った大学生組は全員何かしらトラブルに見舞われてた。りんくうキャンパスの怨念だろうか

落車やパンクで緊張感が切れるとダメダメになってしまう。メンタルが弱い。

最後にホイールを取りに行ってくれた峯、貸してくれた神野、交換してくれた戸田、ありがとうございました。おかげでDNFせずに完走できました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1395-b305dffd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR