Entries

aaca@いなべ ミナミ

aaca 1-1
2km×23=46km
5位
戸田さんカーに乗せてもらっていつもの長良川ではなくいなべへ行った
戸田さん運転ありがとうございました

コースレイアウトは昨年の10月に出た時のものを逆回りにして下りの途中にコの字を追加したもの
コの字が路面凸凹、道幅は狭く端っこは段差と大き目の砂利でコーナーで膨らみ過ぎたらリカバリー不可能であった
本当は1-2に出たかったけど時間の都合上、先にある1-1に出ることになった


イカレースレポート
スタートは最後尾辺りだったけど30人くらいしかいなかったので問題なかった
ローリングスタートで解除されたのはバックストレートの登りだった
序盤はバックストレートの登りはまでは抜きどころがほぼないので前に着いて行くだけでバックストレートの登りでパスをしていった

そうこうしているうちにずっと逃げているキナンの山本選手と追いかける8人ほどの集団になっていた
追い集団はエルドラード、京大、中京×2、ユーラシア、ネクストリーム、キナンの阿曽選手だった
中京2人とユーラシアの選手は前を走る山本選手に合流したいようで何度かブリッジを仕掛けていた
しかし前と合流してからしばらくして、山本選手がアタックをしてそれについていけず追い集団に吸収されるか、ブリッジを試みるが合流できずに垂れて集団に帰ってきていた
阿曽選手は山本選手が逃げているからか着き位置であったがみんなで協調して追いかけろや下りでしっかり踏んで差を詰めろとアドバイスしていた
ペースはメディオ強度くらいでかなり余裕があった
中盤にS/F地点超えてすぐのU字カーブで京大とエルドラードが落車して集団は6人に縮小した

中盤中京2人がコの字カーブで少し前に抜け出しバックストレートの登りでアタックした
2人一緒にブリッジを試みているようだったのでそこはしっかり踏んで潰しておいた
この数周後バックストレートで山本選手の背中が見えたのでアタックしてみたら脚を溜めまくっていた阿曽選手がキレキレのアタックを仕掛け山本選手と合流してキナン2人で逃げて行ってしまった
この時に中京の選手が1人千切れて中京、ユーラシア、ネクストリームの選手の4人になった
話し合いの結果、前に追いつくのは諦め周回を消化していくことになった
そこからはアタックのような極端なペースアップはほぼなしで淡々と周回を消化していった

ラスト1周でS/F地点からアタックを仕掛けてみたが下りで追いつかれて登りのバックストレートで中京とネクストリームの選手に置いていかれた
後ろのユーラシアの選手とは登りで差をつけれたのでゆっくりゴールした

今回はjproが少なかったのでそこまで辛くはなかった
ペース自体もそれほど速い訳ではなかったし下りは結構休めていた
もっと短時間のパワーとリピート耐性があればブリッジやアタックを繰り返し出来て他の選手の脚を減らすことができたと思う
コーナーリングは絶対に失敗できなかったのでシビアに曲がる練習出来て良かった
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/1589-2907ce7c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR