Entries

5/8 修善寺 高橋

5月8日 全日本学生RCS第2戦 第13回修善寺オープンロード

29位 1:35:07 (トップ差0:07:21)

レポ↓

去年の冬から焦点を当ててきた今年の修善寺。
非常に残念な結果に終わってしまった。

レース前の体重66.6kg・体脂肪率14.3%
レース一週間前の練習はあまり調子が良くなかったが、レース前日はしっかり体を休めれた。

レース当日は2時間前に会場入り。
ここで事件。固定ローラー用のクイックが急に潰れる。しかたなしに実走でアップすることに。
修善寺は実走でもアップは十分にできるのだが、最近は固定でアップすることが多いので固定でしたかった。

スタート位置は最後尾から。
パレードスタートだったので一号橋の上り返しまでには中盤あたりまで位置を上げる。
秀鋒亭の上りでも20位前後までポジションを上げる。
1周目からEQADSのアタックや法政がトレインをつくるなどがあったが特に逃げが決まる様子もなく、終盤まで足を残すために集団中ごろで様子見に徹する。
2周目に悲劇が待っていた。
前走者がふらつき、避けきれずに前輪と接触。
バキッと音がして、しばらく走ってると前輪が異様に触れてきた。後になって分かったのだが、スポークが折れていた。
3周したところで前輪を交換するも、それがタイムロスとなり集団から10秒程離される。
必死に追いかけるも追いつかず。4周目はラスト周回の次にペースが速かったらしい。

あとは目標を完走に切り替えてひたすらペースを落とさず耐える。
6周目途中から東大・水田選手と慶応・シモン選手と3人でまわす。この二人は他のレースでもだいたい前後にいるので同じくらいの脚力とみてしっかりとついていく。
ラストは水田選手の一号橋上り返しでのスパートに足を使い切ってしまうのではビビってついていけなかった。
最後の最後になにしてんだ、という感じ。


走りの反省をするほどレースに絡んでない。
ニュートラルが使えたらしいのだが、事前にしっかり調べていなかった自分が悪い。
とりあえず7周集団から遅れて完走できたのは評価できるが、やはり昇格も狙ってただけにとても悔しい。
しかしまあ菜の花飯山といい今回の修善寺といい、今年はレース運が悪い。仕方ないものは仕方ないとあきらめも肝心か。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/290-0d1c9a30

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR