Entries

8/7 白馬二日目 高橋

8月7日 RCS5白馬ラウンド

ロードレース(30分+3周)
クラス3-B 優勝  38min03sec
白馬から帰ってきて家に着いたのが1時前。風呂入ったりなんやかんやで2時前。
そのあと少しネット見て寝ようと思いブログ見てると、もういろんな人が結果を見てくれて反響がたくさん。
これはすぐ書かなきゃなと思い、今書いてます。

とりあえずレースにあまりなじみのない方へ、このレースの説明から。
RCS5白馬ラウンドは学生連盟によるレースのひとつで、インカレ直前のレース。
学生はクラス1~3に振り分けられ、3で表彰台に乗ると2に昇格することが出来る。クラス1は全国でも30名に満たない日本の学生のトップクラス集団。
わかりやすくゆうと(?)クラス3→地球人、2→ナメック星人、1→サイヤ人。
今年のインカレはクラス3からの出場はかなりキビシイと思われるので、インカレを目指すクラス3の選手にとってはこの白馬が出場資格をかけた最後のレースになる。
コースの狭さ・人数の関係上、クラス3が4組に分けられ、2日間あわせて資格を得れる(表彰台に立てる)のは24人。
24人とはいえ、皆が眼の色を変えて最後の切符をつかみにかかるので厳しいレースになることは必至。
二日目の今日は最終着順がそのままの順位になるロードレース方式。
と、まあこんな感じのレース。


前日の疲労感から、この日はよく眠れた。
アップはこの日も実走。白馬のおいしい空気を吸いながらリラックスかつ集中してアップ。
前日把握しきれてなかった同組のメンツもしっかりチェック。
昨日の結果から注意するのはシモン選手を筆頭に慶応の3選手。シモン選手は去年からよく一緒のレースを走ってるし、慶応のチームプレーには注意を払うよう肝に銘じる。
そして昨日より考えてた自分自身の作戦は
・開始10分以内に自分から動く。
・10分すぎて集団の場合は、以後の逃げにチェックを入れて集団スプリントに持ち込む。
の二つ。
後半はペースが上がり逃げが出にくく逃げるなら前半からしかないだろう、集団スプリントは昨日のこともあるので位置取り次第で勝負できるだろう、と考えての作戦。

そしてスタート。
序盤はあまりペースが上がらない。
すぐさま二周目の最終コーナー手前から作戦通りアタック。
しかし誰もついてこない。後ろからペース上げるな!って言われたような…。最終回までゆっくりいこうよ的な空気。
しかたないから一人で逃げを試みる。2周ほど逃げるが差は10秒もつかない。
やはり一人で逃げ切るほどの力はまだなく集団に戻る。
あと1,2人ついてきてくれてたら最後まで逃げてみたかった。

集団に戻っても、集団のペースは全くあがらない。
というか、牽かない奴が多すぎる。
途中サイクリングペースにもなり、あほらしくなる。
僕から見て一番前を牽いてくれてたのは追手門・藤田選手。
前半からレースをつくってくれたことに感謝したい。

最終周回になり今まで後ろに隠れてた選手も上がってくる。前引いてた選手たちからは冷ややかな視線。
最終コーナーには6,7番手で突入。
試走から、どこでかけるか、どのラインをとるかを決めていたので焦らず我慢。
残り200mで斜め前の明治学院、慶応の選手が絡んで落車。上手く回避。
この落車でスプリントは自分を含めた5名ほどの選手に絞られる。
落車で一度ゆるんでたので自分からスパートをかけると発射台になりかねないのでリッツの選手の後ろに着く。
すぐにリッツがかけてくれたので、発射台にして残り100mで右の大外からスプリント。
自分でも他の選手との伸びの違いが分かるくらい、伸びる。
最後は2位と1馬身の余裕を持ってフィニッシュ。
ポーズ取ったけど残念ながら写真はなさそう(笑)。

スプリントは入りの番手、タイミング、状況把握、伸び、完璧だった。
普段やってることが、しっかりレースで出来てとてもうれしい。

しかし課題も多かった。
独走力。一人でも逃げ切るってゆう自信の持てる練習をしていかないといけない。逃げた時、一人ということで少し気持ちが萎えた。練習では例えばグリーンロードを一人で牽き切れるように。
けいはんなで光明の見えかけたコーナリングも実際はまだまだだった。集団前方をキープしてなければ、かなり立ち上がりでしんどい思いをしてたと思う。
そしてペースの上がらない集団を強引に牽き、後方を苦しめれるような(なおかつもちろん最後も獲る)実力と勇気があればなと思った。
勝ったのはうれしいが、気持ちのいいレースではなかった。
インカレも出るからには完走を狙わないと意味はないし、来年もクラス2でトップ選手たちといっしょに走ることが出来るのでもっともっと成長しないといけない。
阪大の先輩にも言われたが、ようやくスタート地点に立てた気分だ。



でもとにかく自転車始めてから、初めて勝てた。2位や3位とは違う。
そして今日一番うれしかったのは、ゴールの瞬間、サポートの菊井さんが大喜びしてたこと。自分のことで他人がこんなに喜んでくれるなんてすごい。
いろんな人からおめでとうと言われ、メールやコメントをもらった。ありがとうございます。
これからも応援してくれる人、見てくれてる人に興奮して喜んでもらえるようなレースがしたいと思った。
皆さま、これからも応援よろしくお願いします。

フィニッシュ! ※JICF速報ブログより



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/364-dd19cd3d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR