Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/413-ef0276cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広島のおっさんと鈴鹿のおっさんは違う種類

ぱっと見、一緒に見えるけど中身は全然違います。


今回の方針はなるべく集団前方で登りに突入し、後のことは考えずに食らいつく感じ。
スタート、下りは完璧だった。

まずスタートで一瞬がっとふんで前にでる。そこで周囲を見渡し、よさそうな機関車を物色。
いいのを見つけて、後に付く。ラクちん。
ほぼ力を使わずに、先頭付近で下り突入。
ここからも登りに備えて、一切踏むことなく先頭付近でちょろちょろ。
アップダウン、平坦区間でも、先頭近辺にいるので前ひく感じになっちゃうが、無理しない。
あいどんとはぶぱわー。もう蓋して集団を失速させるレベル。
ちょっと下りで千切れちゃったひともなるべく追いついて集団復帰してくれんかなあと思いまったりと。
あんま遅過ぎてすぐ先頭交代。ぬう。

そんなこんなで登り突入。もう、えげつなかった。全力。全力。この1周だけ。と念じながら踏む。

今までは単に自分が登り遅すぎるだけかと思ってた。
アップダウンで力を使い切ってるんだと思ってた。
今回はほぼノーダメージで登り区間。

単純に広島に出てくるおっさんが登り速いだけやった。
少し勾配ゆるいとこなら、全力でケイデンス上げて誤魔化す。
先頭で登りに突入したアドバンテージを猛烈に消費しながら登る。
ちょっとぐらい登りで位置を下げてもまだまだ集団内。

これが先頭でたときに蓋して集団を失速させて、千切れた人に復帰してもらいたかった理由。
集団でかなるほど、登りで遅れてもよい距離が増えるのです。
残念ながら1人でこれやってもあんま効果ない気がするが。

が三段坂。勾配がきつすぎて、回せん。27Tでも回せんかった。
しゃーないからダンシング。
一段目、二段目とずんずん位置を下げる。
三段目これで最後、登り終わりがゴールやからと自分に嘘をついて登り切る。
集団最後尾で登り切りましたよ。
これで脚、集団位置両方の貯金ゼロ。
でも広島って三段坂のあとも登りあるのですよね。
困ったときのハイケイデンス走法が使えない。ギア足りない。
踏むしかないが足がぱんぱんで動かん。

単純に脚が足りなかった。レースの動きの中で出来ること全部して登りに臨んだけど駄目だった。

もうあとはどんだけ速くゴールできるかじゃーと思いグルペットを形成して回す。
がやはり一周目で千切れた人達なので特に登りが遅い。
登り抑えて、下りガンガン行こうと提案してみる。
が下りでもあまり回せず、結果的に結構な部分自分含めて二人で引く。
もう出しうる限り出して、最後スプリントでもしようと思ってたら、やっぱり、もう一人のでかいおっさんと同様に平地を引いていたツケがきたのか、突然スイッチ切れたかのように自然に私が登りで遅れる。
出し切るのが速すぎた。そっからあとはもう駄目駄目でしたとさ。

反省点としては鈴鹿のおっさんと広島のおっさんを心のどっかで似たようなもんやろとおもってたこと。
実際は全然違って、登れる人がほとんどなのだ、広島は。
あと広島の勾配を考慮してなかった。
今の自分の脚力と広島の勾配では困ったときのハイケイデンス頼みが出来ないにも関わらず、そんなことを全く考えず、ノーマルクランクで挑んだこと。
大体、高橋が三段坂ケイデンス90後半、ってそれ私が100以上で回せるわけないやん。
紀見で高橋にちょっとだけ付いていけたのって結局、勾配が緩かったからなのだ。

これが学生最後のレースはいやなので3月の広島でよっと。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/413-ef0276cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。