Entries

11/13 沖縄レポ(すんげえ長いから覚悟して読んでね) 高橋

めんそーれ。沖縄時間が抜けない高橋です。
大阪は時間が経つのが速いですね。
以下レースレポです。

11月13日 ツール・ド・沖縄2011

市民レース210㎞部門 109位 6h7m17s(+34m13s)

スタート時刻は7時50分。召集は6時。ん?この二時間はどう過ごせばよろしい?
まあ素直に4時半に起き、6時に召集場所へ。行ってみたら召集とはいうものの、ただ並ぶだけ。
ぼーっと二時間過ごしてたよ。隣に鶴見辰吾がいたので少し暇つぶしにはなったけど。
とても眠かったが早起きしたおかげで先頭には並べた。

話は変わるが、長丁場のレースなので補給はしっかりと。
アクエリ(原液と薄めたやつ)、ようかん×6、カントリーマウム×3、ウイダー×2、梅丹エキス×2、チューブみそ×3。
低燃費ッピッピーなので多めに持ってく。
終盤に取りやすいようにと梅丹、みそはフレームにペタペタ。後にこれが悲劇を生むのをこのときはまだ知らない。。。

話はレースに戻って、定刻通りスタート。最初の3kmくらいはパレード。この時もほぼ先頭。
後ろを振り返ってみると、最後尾が見えないほどの人、人、チャリ。そら400人以上走ったらそうなるわ。
O大学S先輩がオームの行列と言っていたのを思い出し、ププーってなる。しかしその先頭を走るってのはとてつもなく気持ちがよくテンションも高まってくるよね。

リアルスタートしてすぐ二人が飛び出す。
一瞬躊躇したがせっかく前にきたなら目立たな損!と思い、二人にブリッヂ。
集団も容認し、スプリントポイントまでの3人の逃げとなる。
ぼくにとってこの逃げには、集団内の落車を避けること、そして目立つこと、二つのメリットがあった。
が、アップをしてない体にいきなりの強負荷。他のお二人に迷惑をかけまいとすることで精一杯だった。
明らかに牽く時間が短いぼくは15km付近、スプリントポイント直前で自ら集団にカムバック。
迷惑掛けてしまった感とこの先まだ195kmあるという不安でいっぱいだったが目立ったからよしとしよう。

そしてこの逃げが、後にcyclowiredに掲載されました。→http://www.cyclowired.jp/?q=node/72602
牽く時間に比例した写真の構図になってるのは仕方がないっすね…。

集団にもどってからは集団前方→ずるずる後ろへ→後方からブレーキッ!の怒声たち→あわてて前方に、の繰り返し。
基本的には集団走行に関しては、下手な人が浮いちゃうくらいのよく出来た集団だったのであまりストレスはなかった。
ただこの日も天気予報の裏切りにあい、沖縄北部はいたって快晴。風のない集団内では蒸し暑さを感じ、それを逃れるのに左右にもチョロチョロしてた。
ここで悲劇が。
フレームにはっ付けた梅丹を取ろうとしたら、ガムテープの粘着力が思ったより強力で、フレームについたまま飲み口だけが切れてしまう。
…はい、皆さんの想像通り。手足、フレーム、シューズが梅丹まみれでベタベタになりましたよ。
そっから小一時間は手のベタベタに悩まされた。
後ろの人、飛び散ってたらごめんなさい。

そんなこんなで一回目の山岳ポイント、普久川ダムの上りに突入。
上り口の幅員減少で渋滞がおこり、その中切れ埋めでだいぶ足を使ってしまった。
このレースはいきなり道路工事が現れ、そこに苦労することが多かった。
事前に把握しとけばよかったんだろうけど、210kmも覚えてらんねーよ。
結局、第一集団を視界にとらえるまでは行ったものの、のこり30mが遠く追いつけず。
そこから先は後方を待つしかなく、先頭とはここでバイバイ。
今年の全レースに共通するけど、しんどいところのもうひと踏みが課題みたい。

二回目の山岳まではひたすらアップダウン。
並河も同じグルペットにおり、二人で前を牽くことも。後輩が頑張ってるのでこっちも負けられんって気になる。
しかしこのグルペット、人数は30人ほどいたが、全く機能しなかった。
社会人はローテションの練習を普段していないのか、牽く気がないのか、お話にならない人が多すぎる。
こんなところでおっちゃんと一緒にチキってても仕方ないので、割り切って牽く。何人かは同調してくれて助かった。

統制のとれかけたところで二回目の普久川ダムに突入。
ポロポロ落ちてく中、グルペット内でペースを保つが、急に脱水症状気味に。
補給はしっかり取ってきたが、暑さで水分の方がかなり失われていた。
山頂付近でグルペットから脱落。
補給所で水をもらい致命傷にはならなかったが、またまた後方を待つことになってしまった。

二回目の山岳が終わり、こっから平地だ―、って思ってたら実は残り5kmまでほとんど平地無しという地獄が待っていた。
アップダウン、いやむしろ上り。細かい上りが繰り返す、何ともやらしいコースだ。
コースは先入観を持たず、しっかり自分の目で確認するのが大事。まざまざと思い知らされた。

まだ100km近く残っていて心が折れそうなのぼくを救ってくれたのは、なるしまフレンドの選手(以下なるしまさん)だった。
自分もつらそうだったが並河らを後方から引き連れて、なるしまさんは一緒に行こうと声を掛けてくれた。
苦しそうな顔でこう言われたからには頑張るしかない、ここで足をゆるめても意味がないと気持ちを新たに奮い起こすことが出来た。
なるしまさん、並河とローテションしながら徐々にグルペットの人数を増やしていく。
付き位置に徹する人も多かったがこの際それでもかまわない、なるべく人を増やし牽ける人が一人でも出てくればとグルペットをまとめ続けた。
先程はグルペットをまとめることが出来なかったが、今回はしっかりと声をあげてまとめることが出来たと思う。

しかし残り50kmくらいで、いよいよ上りも厳しくなりグルペットが崩壊しだす。
再度組み立てようか迷っていたところ、なるしまさんに君はもっと先に行けるよ、今までありがとうと言われる。
こちらこそと感謝の気持ちでいっぱいになりながら、前のグルペットに追いつくようにペースをあげることにした。
もう一人の選手がついてきて、二人でひたすら前に、前にと回し続ける。
その選手は府大出身だそう。世間は狭いもんだなあ。
途中、吸収、離脱を繰り返しながら6人ほどのグルペットとの合流に成功。終盤に近づいてる中、この区間は本当に頑張ったと我ながら思う。
最終的に追いつけた韓国の選手、府大出身のおっちゃんと握手を交わす。年代、国籍を超えたすばらしい繋がりですた、と普段なら絶対言わないことを噛みながら言ってみた。

そのグルペットはなかなか安定していたので、一安心。さあ残り15km!
と、一息ついたとこで今までのつけが一気に来て、両足太もも裏が同時にバチコーンっと攣ってしまった。
攣るのもイベントやーみたいな声が聞こえたけど、そんなギャグ聞いてるどころじゃねぇ。
チャリの上で悶えながらなんとか足をのばし、チューブみそを一気に飲み込む。
みそのおかげで5分後にはまともに走れるようになったが(みそすげぇ!)、みそを一気飲みしてる自分はなにか一線を越えてしまってるな…と複雑な気持ちになっていた。それでもみそってサイコー。

ようやく、ようやく、クドいけどようやく上りが終わり、あとは10km、下って平地をひた走るだけ。
3人のグルペットで走る。最後もう一度テンション上げ平地を牽きまくる。

残り3km。ぼくがすこし垂れてきたところを他の選手が少しぺース上げる。
これはタイミング的につけないッ…。
諦めかけたところをもう一人の選手が後ろから押してくれた。君がいっぱい牽いてくれてたんだから、ついてかなきゃダメだよって。
数秒間のことだったが、ゴールも近くなり気持ちが緩んだのか、涙がこぼれそうになってた。慌ててサングラスをかけなおす。
人間追い込まれすぎると、キャラ変わるんですよ、きっと。
この声かけてくれた人、実は片山右京だったんじゃないかな、と思う。あとから気づいたけど、ぼくの二つ後ろでゴールしてたので多分そう。

ラスト300mで同じグルペットの人たちに行っといで!と言われ、行ってきますッ!って感じで一人だったけど足ピクピクさせながらスプリント。
人生で一番しんどい6時間ちょいは終わった。


今までのレースは、特に今年のレースは結果にこだわり続けてきた。
順位を狙える位置にいること、そして勝つこと、もちろんそれはレースにおいて最も大事である。
だが天狗になってそれにこだわるあまり、その位置から脱落してしまった時の気持ちの立て直しが疎かになっていたことも自覚していた。途中で降りてしまった修善寺がその例。
しかしこの沖縄では、挫けかけながらも、追いてかれながらも前へ、前へという気持ちを常に持って走ることが出来た。
そしてそれは一人では出来なかったということは、今このブログを書いていて改めて思う。
最後まで頑張る、結果が出なくても全力で走りきることに意義がある。レース的にみるとこれらはただの自己満足。
絶対に優勝しなければならないというレベルに自分が達しているなら、そんなことで満足していたらダメなんだろう。
しかしぼくはまだまだ成長過程。まだまだ限界を決めるつもりもない。
成長することに関しては、こんな自己満足も必要なのかなと思った。
そして今年最後のレースで、最後まで全力で走るという大事さを思い出せてよかった。
これからは走りはもちろん、精神面も強くなっていこうと思えたレースだった。


レース後は主催者の用意してくれたお楽しみ会。ふれあいパーティという名の。
ボランティアの人もいっぱいで、いい大会だなあと思った。
レース中も補給はボランティアの人が山頂で待ってくれていた。名護から遠いし、暑いのにね。
ボトルを受け取る時、その人たちにもありがとうと言ったし、お楽しみ会でもたくさんありがとうと言った。
こんな柄にもないこと書くほど暖かい気持ちになれたわけですよ。

お楽しみ会ではたらふく食べることが出来たし、オリオンビールももらえたし満足ですわ。
抽選会の司会者にだいぶイライラさせられたことも許してやろう。

ツールド沖縄、観光も含めて、楽しかったよーってことが伝わればいいなと思う。

こんな長ったらしい稚拙な文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/429-025386cf

トラックバック

コメント

[C37] おつかれさまでした!

シクロワイアードで見たときはかなり興奮して取り乱しましたが(知り合いが載るのは久々だったので)、blogを読んで感動しました(;_;)
なんか羨ましいなー。。

一年間おつかれさまでした!ゆっくり休んで、来年も頑張って下さい!
  • 2011-11-15 00:45
  • 重松@阪大
  • URL
  • 編集

[C38] No title

おつかれさん!
イイね!
  • 2011-11-19 14:10
  • 松本
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR