Entries

個人ロード

6月6日 第26回全日本学生選手権個人ロードレース大会 長野県大町美麻周回コース

西浦 DNF
高橋 DNF
dsp DNF

たくさんの人たちのサポートや応援のおかげでこの個人ロードに出走することができました。
結果は振るわず、自分達の未熟さを思い知らされることになりましたが、これからもレース班一同精進していきますので応援・サポートよろしくお願いします。

また阪大のみなさま、たくさんの不手際すみませんでした。

レースレポ(高橋)↓
レースは13.6km×13周で全長163.8km。
今までのレースでは長くても60kmちょっとだったので、100km以上という未知なる領域にいってみたい、そんなことを考えながらレースを迎える。

パレードの後、上りに入る地点でレーススタート。やっぱりガツンとペースがあがるが、ここはポジションを前にあげながらついていく。最近片っ端からレースに出ているおかげで、だいぶ落ち着いていけたと思う。
平地・下りは中切れに注意しながら踏む。
周回最後の上りにはいるが、ここがまたきつい。。。徐々に先頭集団との差がひらいていった。

2周目のスタート地点に戻ってきたときには、集団からは少し離された状態。
きついと思っていたら、首都大の多田選手、野口選手がトレインを組んで追いついてきた。
首都大戦の時はお互いにライバルですが、この時は本当に心強かった。
ローテに入れてもらい、集団を追う。
なんとか上りに入るまでに追いついた。
ここは積極的に前をひけたので評価できると思う。ただやっぱり首都大はローテが上手いですね。まだまだぼくにはお粗末感がありました。
しかし前半ののぼりで前がペースアップ(日大だっけ?)。
ここであえなく千切れてしまい、もう集団を見ることはなかった。
あとは吸収を繰り返して15人くらいになった集団とひたすらローテ。
4周したところ(3周かもしれない。。。覚えてません。)でDNF宣告。

クラス3のぼくが学生トップレベルの選手たちと走れたことはとてもいい経験でした。
一番に違うなと感じたことは、上りの速度でした。
速い人は多分多少重いギアでもぶんぶん回しちゃっているんだと思う。
回せるギアを重くしていかないと。インナーローにすぐ降ろしちゃうようではあきません。といっても、回せないほど重いギアでも意味ないわけで。。。
それは経験の差とかじゃなくて単なる実力・練習量の差だと感じました。
もっと頭を使って練習します。

菊井さん、松本さん、サポートありがとうございました。
阪大のみなさんもお疲れ様でした。本当にお世話になりとても助かりました。ありがとうございました。
角谷さん完走おめでとうございます!
インカレに向けて(まず出れるように)がんばります。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/57-6c06b340

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR