Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/634-0da0858b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

8/21 鍋谷峠・紀見峠 葉山毅

鍋谷→紀ノ川→紀見→桜井裏 dist:94km
参加者:高橋さん・永田さん・江里口君・浅井・葉山

今回の練習の大テーマは
いつも以上にペダルを回すことを意識する
でした。

なのでアタックもダンシングのフォームと引き足を意識して瞬発力は減少する代わりに持続力に重点を置いた今までとは異なる方法で試みることにしました。
まず泉北アタックポイント、あそこはいつも本気で挑むせいでそれ以降の練習がグダグダになりがちだったので程々に、でも負けないように。そんな感じでいきました

その後、高橋さんと合流。ボウズ頭になっていて驚いたんですが、結構しっくりと合っていてリアクションが取れませんでしたw高橋さん、リアクションいまいちですいませんでしたorz

鍋谷アタックポイント1
高橋さんがスーっとあがっていったので後ろに付いて追走、全体のペースが上がったところですかさず自分も一気にペースアップ・・・はせずに課題を意識してスロースタート。坂がきつくなりペースダウンしているのを横目に順調に加速、高橋さんに追いつけた。最後はカウンターで千切られたものの自分としては納得の行くアタックとなりました。

鍋谷アタックポイント2
ここは少し疲労が残っていたので思うようにペースが上げられずゴール前で追いつくのがやっとでした。
体力つけないといけませんね。

鍋谷
自分と江里口君は高橋さんと、永田さんはお腹に諸事情を抱えた浅井のお守り(?)で行くことに
上り始めて4分ぐらいのとこで早々に千切られ、上りの弱さを痛感しつつも課題を忘れずくるくるとペダルを回して頑張りました。結果は自己ベストより少し遅かったですがほぼ孤立状態でのタイムだったのでまぁOKかと。

鍋谷下り
高橋さんと二人で高速巡航。ここでもやや軽めのギアで行ったので最後の方まで付いていけたので結果は上々(?)最後耐え切れられなかったけど・・・

紀ノ川
ここも今までは千切られがちだったけど最後まで集団に残れたので満足でした。
そして紀ノ川アタックポイント、まずは先頭を引いてくれていた高橋さんがペースアップ、スタートの時点でそこそこスピードが出ていたのでその勢いに乗って自分もダンシングでペースアップ。
斜度がきつくなってもダンシング止めずに必死に高橋さんに食らい付きペダルを回し続ける。
横一線になって数秒、高橋さん失速。初めて高橋さんに勝つことが出来ました。
先頭を引き続けてもらい自分は体力温存してた状態でのハンデマッチだったとはいえ嬉しかったです。
___________________
以降、疲労によるヘロヘロタイム

紀見までの上り坂・・・必死にペダルを回すだけ。
紀見峠・・・序盤は一番軽いギアで、後半はアウター縛りで。引き足を意識すると登りでも余り疲れずに加速できることを知りました
桜井裏、泉北・・・出来る限りのスピードを維持してペダルを回した。

今回の練習で、一定のペースで漕ぎ、引き足を強く意識しペダルを回しまくれば予想以上に体力を残すことが出来るとわかりました。体力・脚力共に未熟な自分にとって今回の練習は今後に大きく活きるだろうと思いました。


高橋さんはインカレまでの全体練習は今回が最後だったそうですね。インカレ頑張ってください!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://opucc3race.blog70.fc2.com/tb.php/634-0da0858b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。